So-net無料ブログ作成

工具入れのカスタマイズ [その他]

先日購入した工具入れですが、眺めながらふと気付いた事…

仕舞った工具がバラバラ…なんかスッキリしない!
DSCN0326.JPG
もちろん、何の問題もないのですが、どうせならキレイに置いて
みたい。

ということで、輸入工具屋さんを再訪し、ドライバーホルダーを
探すことにしました。

お店の旦那さんに、例のツールチェストに入るホルダーはないか
と尋ねたら、サイズ的に売れないから最近は仕入れてないが、
相当むかしに仕入れたのがあった筈と、倉庫を探して頂き、見つ
けていただいたのがコレ。
DSCN0331.JPG
ドイツ・ハゼット社のホルダー。輪っかに見えるところが軟質プラの
バネ状になっていて、その間にドライバーを挟んで固定するという
もの。ドイツ製だけに、お値段ちょっとお高め…

よし、これで念願達成!と思いきや、チェストの幅よりもホルダー
が7㎜くらい長い事が判明、ちょっとのところで入らない(涙)
ベースは立派なアルミ製で、僕にはどうにも加工出来ない。
それならば、グラインダーで削ってあげるよと旦那サン。

目検討でウィ~ンと削って(汗)頂きましたが、さすがプロ。あっと
いう間にジャストサイズにして頂き、晴れて装着完了となりました。
DSCN0325.JPG
ドライバーの番号も見えるようになり、見た目もスッキリ!
収納出来る本数は限られてしまいますが、あまり使わないヤツは
下の引き出しに入れて隠してしまおう(笑)

メルクリンも含め、プロショップの存在ってやはり大きいなと実感。
年に何度も行かないけれど、きちんと顔を覚えていてくれるし、今回
の加工賃も無料でやってもらえました♪


ではまた~!

nice!(0)  コメント(0) 

工具入れ [その他]

メルクリンをやっていると、いづれ動力車を分解してメンテ
をする時が必ずやってきます。

僕の場合、それらを分解する工具にもちょっと拘りがあり、
ドライバー類はすべてドイツ製もしくはスイス製のモノで揃え
ていたりします。
日本メーカーの優れた商品も多数ありますが、あえて欧州
モノで揃えるというのも、趣味性があって良いのではないか
と…

それらの工具入れを以前から探しており、精密ドライバー
数本とニッパーやピンセットが入れられるだけの小さくて
カッコいいのがなかなか見つからなかったのですが、今日の
午後に久々に寄った輸入工具屋さんでナイスなブツをやっと
見つけて購入してきました。

これがその工具入れ。
DSCN0309.JPG
なんの飾り気の無い、シンプルなデザイン。

一見、ただのスチール製の箱のように見えますが…
DSCN0310.JPG
ガバッと蓋を開けると、しっかりとインナーの付いた
3段チェストに変身!
引き出しの部分には、きちんとベアリングが内臓され
ていて良く出来ています。
工具入れというと、黒や赤のイメージがありますが、
変わり者の僕はオレンジを購入。それにも理由が
ありまして…

イタリアの工具メーカー、Beta社のステッカーを貼付け
プチカスタマイズを実行!
DSCN0314.JPG
DSCN0313.JPG
Beta社のイメージカラーがオレンジなのです♪
70年代、フェラーリF1に工具のサプライヤーとして
活躍したBeta社仕様のツールチェストにしたかった
のだ!
このステッカーも今ではストックのみで売ってないレア
ものだそうです(汗)

もちろん、「ナンちゃって仕様」ではありますが、本物
みたいな雰囲気は出ていると思います。

中に入っている工具は、HAZETやPBオンリーで1本
もBetaのモノは無いけれど(笑)

ではまた~!
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。